カテゴリー別アーカイブ: 研修

平成30年度 第2回 総合防災訓練

3月12日は、消防署立会いのもと、総合防災訓練が行なわれました。

通報訓練

非常ベルを使用し、避難訓練。1Fの方は非常口から、

2Fの方は、避難用滑り台を使用して苑庭に避難しました。

避難後、担架訓練を行なっています。

消火訓練・消火栓訓練後は、苑内で職員向けに、

AED救急法の講習が行われました。

総合防災訓練には、めふきの苑だけではなく桐木ケアホームの職員も加わり一緒に訓練及び講習を受けています。

めふきの苑ではAEDが常備してありますが、実際には使用したことがありません。しかしいつ何が起こるかわかりません。

いざというときのために訓練が欠かせません。

消防署の方には大変お世話になりました。ご指導ありがとうございます!

 

避難訓練&救急法の復習

11月22日の午前中、火災を想定した避難訓練を行いました。

皆さん、ハンカチを口に当てて、ヘルメットをかぶり所定の場所まで避難できました。

避難訓練の後は、前回、総合防災訓練にて救急法の講習を受けました。その復習を行っています。

三角巾を使用して、出血時や骨折時の処置の方法を看護師・職員で学びあいました。

平成30年度 第1回 嘱託医勉強会

今日、14時~本年度第1回目の嘱託医勉強会が行なわれました。

嘱託医の先生をお呼びして、事例検討および統合失調症について、議論をして、理解を深めました。

新任職員をはじめ、普段、職員が疑問に思っていることを先生へ質問し、討議しています。

大変有意義な勉強会となりました。先生、ありがとうございました。

総合防災訓練

こんばんは。

今日の午前中、消防署立会いのもと、総合防災訓練を行いました。

火災報知機を鳴らし、職員誘導のもと、苑庭に避難しました。2Fの方は、らせん階段の滑り台を使用して避難しました。

担架訓練、消火訓練、消火栓訓練を行いました。

避難訓練後、三角巾を使用した救急法を教わりました。

いざというとき、日々の訓練の経験が生かされます。

災害は無いに越したことはないですが、いつおきるか分かりません。

備えは大事ですね。

平成29年度 嘱託医勉強会(後期)

3月30日には、

嘱託医の先生をお呼びして、勉強会が行なわれました。

今回は、事例検討が1名。

そのほか、病院での感染症の取組みについての講義、

職員からの質問、

という構成になりました。

 

 

事例では、対象の利用者さんの生活状況や苑での取り組みの報告を元に、先生と議論を交わし、その利用者さんへより良い支援ができるよう検討しました。

事例検討と講義を行なっていただき、大変有意義な時間になりました。

先生、お忙しい中、勉強会に来てくださり、ありがとうございました。