第34回 音楽教室

こんばんは。

今週の火曜日に行われた、音楽教室の様子をお伝えします。

先月に引き続き、尺八の樋口景山先生と太鼓の寺門勝先生の音楽教室です。

前半は太鼓の音を聞いたり、先生方の演奏を聴いて、曲あてゲームを行ったり、なじみの曲を歌ったりしました。

トイレ休憩を挟んで、

後半は、苑にあった小ドラム、大ドラムを活用して、

自由に叩いたり、リズムに合わせて叩いてもらったりしてみました。

大ドラムでは~、

Tさんは、リズムよく叩き、Mさんは、ドラムの芯に当たっているのか、大きい音が出て、先生が褒めていました。

他の方も、リズムよくたたいており、曲の最後を決めるリズムは、皆さん良く決まっていました。

ドラムのリズムを合わせる・・・前回より、皆さん良くなっています。

10月はハロウィン、樋口先生が用意してくださった、帽子をかぶり、

寺門先生とのオーシャンドラム、変わった鳴らし方をした方がいました。

皆さん、何かのきっかけで、表現が豊かになっていくようです。

これからがますます楽しみですね☆

 

樋口先生、寺門先生、ありがとうございました!!

第34回 音楽教室」への2件のフィードバック

  1. 和洋のドラムが加わると更に盛り上がるようです。
    心に響くのでしょう。
    ハロウィンの帽子もよく似合っています。
    感謝!
           2018.10.7 つくばのヤマさん

    1. そうですね。
      太鼓やドラムに惹かれて参加されるようになった方がいたり、ドラムを叩いたことがきっかけで、他の楽器での表現方法が豊かになった方がいました。
      来月も、来られるとのことで楽しみです!
      ハロウィンの帽子、昨年、好評だったので、バリエーションが増えました。皆さんが楽しんでいただくことが一番です。

コメントは停止中です。